知ってました?かゆみ取りに石鹸が有効

かゆみ取りに石鹸が有効

夏になると蚊に刺される機会が増えますが、一番困るのがかゆみ対策だと思います。かゆさに負けてかきむしると、皮がむけたり皮膚を傷めて血がにじむほどかく人もいるのでは。かかないように、絆創膏を貼ったり、冷やしたり、たたいたり、爪で十文字に跡をつけたり、ただただひたすら我慢をしたり。でも、せっかく我慢しても、寝ている間に知らず知らずのうちにかいていて、朝起きたらその部分が赤く腫れたり痣になっている経験がある人もいると思います。

 

そんなかゆみに、実は石鹸が効きます。
やり方は簡単です。蚊に刺されたところに良く泡立てた石鹸を塗りこみ、良く洗います。洗い終わったらしっかりと冷たい水で流すこと。それだけでお驚くほどにかゆみが抜けます。刺されてからなるべく早く石鹸をつけた方がよく効きます。石鹸のアルカリ成分が蚊に刺された炎症を起こす成分を中和するらしいです。
石鹸10
石鹸で洗った後に冷たい水で流すことも大切です。石鹸が残ったままだとそれが新たなかゆみを引き起こします。冷たい水で冷すことで、患部の感覚を多少麻痺させて、炎症を抑える効果もあります。